●顎関節症はアゴだけが原因?肩こりや首痛などと合わせて全身のバランスから考えて見ましょう。

自律神経失調症 知っておこう!カラダのこと アゼガミ治療室
知っておこう!カラダのこと
知っておこう!  顎関節症
東洋医学とカイロプラクティック アゼガミ治療室
HOME

顎関節症とは?

顎関節症の症状

顎関節の構造と動き

顎関節症のタイプ

顎関節症の原因

顎関節症の検査

顎関節症の治療

構造面から考えた顎関節症

参考文献

リンク集

プロフィール


知っておこう!カラダのことシリーズ

自律神経失調症
頭痛
めまい
腰痛
関節リウマチ
■顎関節症
変形性膝関節症
パニック障害
線維筋痛症
変形性股関節症

東洋医学知っていますか? 
頭痛やめまい、腰痛、自律神経失調症などにとても効果があります >アゼガミ治療室


話題のベッカムカプセル
酸素カプセルを解説!高気圧エアー・カプセルって何?

酸素セラピーで心身をリフレッシュ!
O2セラピールームの酸素セラピー


《アゼガミ治療室》 あなたの症状を解説します!

自律神経失調症
顎関節症
腰痛・ぎっくり腰
椎間板ヘルニア
坐骨神経痛
足のしびれ・痛み
肩こり・五十肩
頚椎ヘルニア
変形性頚椎症
ストレートネック
手根管症候群
手のしびれ・痛み
頭痛・片頭痛
膝痛・ひざ痛
むち打ち
過敏性腸症候群
不眠・不眠症
慢性疲労
腱鞘炎
息苦しい、息がしづらい

姿勢−乗馬・テニス・声楽・ダンスなどのために



構造的にはこう見る!
●構造面から考えた顎関節症


以上のような一般論の中でも顎関節症と悪い姿勢の関連が指摘されていますが、構造面から考えるときには顎だけでなく全身的な視点で顎関節症を見ていきます。

■全身のバランスに注目

丸太を縦にキチンと積み重ねるとそれだけで勝手に立っていられるように、本来は人間の身体はほぼ骨格だけで姿勢を支えることができるようになっています。


畦上 和彦

東洋医学とカイロプラクティックのアゼガミ治療室
(埼玉県さいたま市浦和区)


しかし骨格構造が傾いていると、身体が倒れてしまわないためには常に筋肉が緊張して姿勢を支える必要があり、長期間の筋肉の過緊張が血行不良などを引き起こし様々な障害を誘発します。

顎関節症の場合も、骨格構造の問題が筋肉の過緊張や顎の歪みなどを引き起こし、顎関節症の原因と言われる食いしばりや歯ぎしり、偏咀嚼、悪い噛み合わせなどを起していると考えられます。

例えば、骨盤が左にズレているとバランスをとるために頭は反対側に傾きます。そして頭が傾いている側はアゴの噛み込みが強くなります。

あご痛と一緒に肩こりや左右の肩や腰の高さの違いなどを訴える人は多いです。

なぜ食いしばりをしてしまうのか、かみ合わせが悪くなってしまうのか、問題は顎だけにあるのではなく、その根本的な問題は全身のパランスに注目して考える必要があります。

「構造のバランスをとる」ことによって体調を改善することができ、ひきおこされている顎関節症の症状の軽快が期待できると考えます。

■よい姿勢とウォーキングのススメ

近年では食習慣や生活習慣の変化のため、顎だけでなく全身が退化しつつあると言われます。
歩かない座る生活のために、正しい姿勢を保つための基礎体力も低下しています。
生活環境を昔の生活に戻してしまうことはできませんが、食生活や運動など、出来る範囲での努力をすることは大切です。

当治療院では、ソフトなカイロプラクティックと東洋医学で構造が正しい位置に戻るためのきっかけを作る治療を行い、正しい立ち方座り方の指導、無理なくできる運動としてウォーキングをおすすめしています。
一日30分程度でもいいので、正しい姿勢で無理のない速度で歩く。正しい姿勢を保つための筋力や基礎体力・心肺機能の維持、全身の血行もよくなり、気分転換にもなります。
顎関節症に限らず、体調全般を整え健康を保つことに効果があります。



[ アゼガミ治療室のホームページ ]
酸素カプセルを解説!高気圧エアー・カプセルって何?
埼玉県さいたま市の酸素カプセル・O2セラピールーム
さいたま市 浦和 鍼灸 はりきゅう 治療院


[ 知っておこう!カラダのこと ]
自律神経失調症 | 頭痛 | めまい | 腰痛 | 慢性関節リウマチ | 顎関節症 | 変形性膝関節症
パニック障害
| 線維筋痛症 | 変形性股関節症


さいたま市整体・アゼガミカイロプラクティック
〒330-0062 さいたま市浦和区 仲町1丁目2-9 エグチビル5F
TEL:048-834-7477

JR浦和駅西口より3分 イトーヨーカドー前
Mail: azegami@azegami.com


(c) 2004 Azegami chiryoushitu Inc.